【お金辞典】雑収入って何?雑所得に含まれるものや個人事業主の確定申告の注意点を解説

あなたは雑収入、と聞いてどのように手に入れたお金が雑収入なんだろう?と疑問を抱いたりしませんか?
雑収入とは、簡単にいえば給料など国税庁によって定義されている収入以外で手に入れたお金全般を指しています。

そのため、非常に判断が難しくどこからどこまでが雑収入なのかが非常に分かりにくいのが現実です。
そこで、この記事では以下のような内容についてご紹介します。

  • 雑収入について
  • このような収入が雑収入に当てはまる

こちらの記事を読んで、確定申告ギリギリで収入の分類で困惑しないように、しっかりと対策をできるようにしておきましょう。

そもそも雑収入って一体何?

そもそも雑収入とはどのように定義されているのでしょうか?
まずは、国税庁の定義を見て行った上で、どのような所得が含まれているのか理解していきましょう。

国税庁による雑所得の定義

国税庁のホームページの記述によると、以下のような収入が雑収入に含まれると定義されています。
  • 公的年金
  • 非営業用賃金の利子
  • 副業所得(ライティングなどによる原稿料、シェアリングエコノミー)

また、シェアリングエコノミーとは、"何か(有形、無形を問わず)を共有するサービス全般"を指しており、以下のようなものがサービスが含まれます。

  • 場所貸し
  • フリマアプリ
  • 代行サービス
  • クラウドソーシング
  • クラウドファンディング など

上記に挙げたサービス以外にも様々なサービスがシェアリングサービスに該当しているため、もし自分がやっている副業はどうなのか気になった場合は「一般社団法人シェアリングエコノミー協会」のサイトや、インターネットでの検索などを活用して、しっかりと確認しておくようにしておきましょう。

このように、会社からの給料などとは異なっている、各種所得にあてはまらない収入をまとめて「雑所得」と総称します。

雑所得と一時所得の違い

また、雑所得と勘違いされやすい所得に「一時所得」が挙げられます。国税庁のホームページでは、一時所得に含まれている収入は以下のような所得になります。

  • 懸賞や福引でもらえる商品
  • ギャンブルなどでの払戻金
  • 保険の払戻金
  • 遺失物拾得者や埋蔵物発見者への報労金

このように、一時所得に含まれるお金は「収入ではない」ものがほとんどです。
一方で雑収入は収入として得たお金になります。

こんな収入が雑所得になります!


それでは、このようにして得た収入が雑所得に含まれるという具体例についていくつか挙げていきます。
もしも当てはまっている方は、雑収入で得ている金額によっては「確定申告」を行う必要があるため、注意が必要です。

なお、金融機関からお金を借りる場合、基本的には今回ご案内した雑所得を含めた収入証明書の提示を求められますが、収入証明書不要で借りられるカードローンもいくつかありますので、状況に応じてうまく使い分けてみましょう。

副業で稼いだ収入

最も多いのが「副業の収入」です。例えば、以下のような副業で得たお金は全て雑収入に分類されます。

  • せどり
  • ライティング
  • 宅配パートナー(UberEatsなど)
  • アフィリエイトブログ
  • ポイ活 など

このように、最近人気の高い副業で得られた収入は殆どが「雑収入」に含まれます。
ただし、一つ注意点があります。「どこかの会社に所属しての副業」、すなわちアルバイトなどをしている場合に得られた賃金は雑収入ではなく、「給与収入」に分類されてしまいます。

そのため、複数の会社からの給与収入を得るのは避けたいと思っている人は、副業の際にアルバイトを選ぶのは避けるようにしましょう。

株、FX、NFTによる収入

また、株やFXなどの投資で得た収入も雑所得とみなされます。
FX以外にも、最近流行している「NFT」(非代替性トークン)も雑収入に分類されるため、所得税の課税対象です。
ただし、競馬やパチンコなどのギャンブルで得た収入は「一時収入」に分類されるため、ご注意下さい。

老後の年金

仕事を定年退職してから得られる年金も雑収入としてみなされます。そのため、課税対象となっています。
具体的には、控除額が年金の金額から決められていて、そこから所得税として一定の金額が差し引かれています。

ネットショップの売り上げ

最近では、趣味の延長線としてハンドメイド雑貨や同人誌、グッズなどを各種ECサイトで販売している方も多くいらっしゃいます。この売り上げも雑収入に区分されます。

ECサイトで物が売れた際に引かれているのは手数料であり、自動的に税金が払われているわけではありません。その点を勘違いしないようにしてください。

まとめ

  • 雑所得とは、年金やフリーランスでの副業、株などで得た収入を指しており、所得税の課税対象になる
  • 雑収入には幅広い種類の収入が含まれているため、自分が得ているお金が雑収入なのかどうかしっかりと確認すること

このように、雑収入は課税対象ながら、その対象は多岐に渡るため注意が必要です。
そのため、本業以外の収入がある人は自分の収入を見直して、雑収入か否か整理をしておくようにしましょう。